スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ショート・ソング・フィーバー

ルーエ花本です。


吉っ読、3店で絶賛大展開中の「ショート・ソング」。
集英社文庫で去年に出た歌人の枡野浩一さんの初長編小説です。
吉祥寺生活者であれば誰しもリアルに情景を思い浮かべることができる
ご当地青春小説です。
そしてカフェ巡りなんかを趣味としている方にも強くお奨めしたい。
お店の固有名詞がそのまま登場してなんとなく雰囲気も伝わるので
カフェの街、吉祥寺の格好の案内書としても機能しております。
とは言え、吉祥寺に縁もゆかりのない人でも充分に楽しめます。
読んで興味がわいたら日曜日にフラリとやって来て、
文庫本なぞ購入していただき、井の頭公園のベンチで、
水辺に反射する光をもとに読書するなんて贅沢はいかがでしょう。
そんなこんなで思い入れの深い「ショート・ソング」。
吉っ読でこの夏に文庫フェアを催した際、
当然のごとくラインナップに加えました。
粒揃いの20冊の中で最も売り上がった品は、
なんとルーエ、弘栄堂、リブロ共に同じでした。
それが「ショート・ソング」です。
この偉大な記録を打ち立てた著者の枡野浩一さんに、
吉っ読としては、是非「三冠王」の称号を与えたい。
おこがましくも授賞式を催したいと打診してみたところ、
快く引き受けてくださいました。
そんなわけで過日11月30日、
吉祥寺某居酒屋に枡野さんと編集を担当された
集英社の伊藤さんをお招きして会を開きました。
ささやかなケーキを用意し、乾杯!
そしてそして弘栄堂制作班が腕によりをかけて制作した
チャンピョンベルトが枡野さんの腰にまかれました。
枡野さんとしては、表彰状でももらえるのかな~
と漠然と考えていたそうです。
そこにベルトが出てきたんでかすかに面喰らっているご様子でした。
しかし、お店を変えてからも腰にまきっぱなし(移動中も!)
でこちらとしても逆に面喰らってしまいました。
吉っ読メンバーで枡野さんとの面識がある者は少なかったので、
最初ぎこちなかったのですが、
それはそれお酒が万事解決です。
なぜか枡野さんは、こわい人なのではないかと誤解されがちですが、
さにあらず、なんというかお茶目な方なのですぐに打ち解けました。
お店を出てなぜかみんなで集合写真を撮りました。
ある冬の思い出として長らく記憶に残りそうです。


IMG_4441 (2)
IMG_4444 (2)
IMG_4446 (2)


[ 2007/12/19 20:05 ] 「吉っ読」フェア案内 | TB(0) | CM(0)

冬のコミックフェア、始まりました!

お待たせしました。「吉っ読」としては2回目となるフェアが始まりました。今回はコミックです。名付けて、「恋人がサンタクロースとマンガ Winter 2007」。……いや、こんな名前ですけど、マジメなフェアなんですよっ! フェアのコピーは、《冬と言えばこたつとマンガ/そんなあなたに送りたい、吉祥寺、冬の12点45冊》。


冬コミ冊子

↑これがフェア冊子です。3店の店頭で無料配布しています。表紙はぶっくん@こたつ読書です。


弘栄堂書店では、コミックコーナーの平台を使ってディスプレイ。三冠王も隣に見えますね。写真にはまだ写っていませんが、ポップやパネルなども用意しています。フェアコーナーをさらに目立たせるよう、これから工夫するとのことです。


弘栄堂コミックフェア

弘栄堂のフェア台(撮影は弘栄堂・新垣さん)。


ブックスルーエでもほぼ同時に、リブロ吉祥寺店では少し遅れて、同フェアが開始されます。今回は、フェアの書名リストは、ぜひ店頭でたしかめていただきたいということで、Webでは発表しません。また、今回のフェアでは基本リストのほかに、各店枠をもうけ、基本書目以外に各店で選んだ本も並べます。こうしてフェアの紹介をしているわたくし空犬も、基本リスト以外に各店にどんな本が並ぶのかまだ知りません。どんな本がどんなふうに並んでいるのか、3店を回ってみるのが楽しみです。


というわけで、「恋人がサンタクロースとマンガ」な人もそうでない人も、とにかく、ブックスルーエ弘栄堂書店リブロ吉祥寺店の3店にかけつけて、どんなフェアになっているか、のぞいてみてください。店内での目印は、ぶっくん@こたつです。


みなさんのご来店を、「吉っ読」一同、心からお待ち申し上げております!


ぶっくん@こたつ

↑この方が目印です。


[ 2007/12/04 00:42 ] 「吉っ読」フェア案内 | TB(1) | CM(0)

祝三冠王! 枡野浩一さんを囲む会

先日11/30(金)、枡野浩一さんの『ショートソング』が、吉っ読の初代三冠王に認定されたことをお祝いする会が吉祥寺で開かれました。枡野さんご本人と、同書の編集を担当された集英社の伊藤さんに参加いただきました。当日の様子は、後日あらためて、写真入りでくわしくレポートします。


さて、その三冠王本、各店でそれぞれ展開が始まっていますが、今日はリブロ吉祥寺店の様子を紹介します。


リブロ三冠王

↑こちらが、リブロの三冠王コーナー(撮影はリブロ・筒井さん)。


場所は、エスカレーターを降りて正面、よくフェアが行われている一角です。写真ではまだ帯がかかっていませんが、まもなく「吉っ読」共通の帯がかけられる予定です。


各店では併売の書籍のセレクトや、ポップやパネルの有無など、いろいろ工夫をこらしているようですので、同書をお持ちでないみなさんはもちろん、すでにお持ちの方も、ぜひリブロ吉祥寺店、そしてブックスルーエ弘栄堂書店各店の店頭をのぞいてみてください。


三冠王帯


[ 2007/12/04 00:20 ] 「吉っ読」フェア案内 | TB(0) | CM(0)

三冠王、店頭展開始まりました

先日、例会報告で簡単に報告しましたが、枡野浩一さんの『ショートソング』が、吉っ読の初代三冠王に認定されました。これは、今年のナツヨミフェアで、同書が3店で売上げトップに立ったのを記念してのものです。3店では、『ショートソング』を、まだ知らない人読んでいない人たちにさらに広めていこうということで、店頭で大々的にプッシュしていくことになっています。


ショートソング

弘栄堂書店で早速、昨日から三冠王特製帯付き『ショートソング』が並び始めました。レジ前、コミック台、集英社文庫コーナーの3か所で展開中とのことで、気合いが伝わってきますね。


三冠王、弘栄堂店頭

↑店頭展開開始直後の弘栄堂、レジ前の平台です(撮影は弘栄堂・新垣さん)。


三冠王冊子

↑こちらは「三冠王」の冊子です。枡野さんの受賞コメントも読めます。3店の店頭で無料配布しますので、ぜひチェックしてみてください。


三冠王帯

↑これが、3店共通「三冠王」特製帯です。共通デザインのポップやパネルも店頭を飾ることになるはずです。各店店内でこのデザインが目についたら、ぜひ近くの棚をチェックしてみてください。ちなみに、これらは岡田さん、野毛さんほか、吉っ読の主に弘栄堂チームが中心になって作ったものです。


ブックスルーエリブロの様子も追ってこのブログで報告する予定です。各店では枡野さんのサイン本が用意されていることもあるようです。また、『ショートソング』だけではなく、コミック版ほか、関連書籍も並ぶはずです。何を一緒に並べるかは、各店の担当の腕のふるいどころ。思わぬ出会いがあるかもしれません。とくにいつまで、というフェアではないのですが、冊子やサイン本にはかぎりもありますので、吉っ読一押し吉祥寺小説にまだ出会っていない方がいらっしゃったら、ぜひブックスルーエ弘栄堂書店リブロ吉祥寺店の各店にかけつけてください!


[ 2007/11/25 21:33 ] 「吉っ読」フェア案内 | TB(0) | CM(0)

ナツヨミ、応援ありがとうございました!

ご報告がすっかり遅くなってしまいました。「吉っ読」としては初のフェアとなりました「ナツヨミ文庫カーニバル」2007、8月末日をもって無事に終了となりました。たくさんの方にご来店いただき、本当にありがとうございました。


気になる売れ行きのほうですが、3店の上位3点のリストを、担当者のコメント入りでこちらに挙げています。よろしければご覧ください。


本来であれば、フェア終了後、すぐに結果報告と御礼とをアップしなくてはならなかったのですが、『新文化』さんに先をこされてしまいました。2007年9月13日号に取り上げていただいています。よろしければそちらの記事もご覧ください。


さて、その『新文化』の記事でもふれられていますが、今回、枡野浩一さんの『ショートソング』(集英社文庫)が、数々の強力なライバルたちをおしのけ、3店で売上げのトップとなりました。まさに、“三冠王”ですね。これを祝して、「吉っ読」として、枡野さんにお祝いのようなものを差し上げたいと企画中です。そちらの詳細については、近日中に、このブログおよびサイトで発表します。


ショートソング

というわけで、最初のフェアをこうして無事に終えることができたのは、各店に足を運んでくださったお客様、また、フェアをいろんなかたちで支えてくださった版元の皆様のおかげです。会を代表してこの場で御礼申し上げたいと思います。ありがとうございました。


「吉っ読」のフェアはまだ始まったばかり。次のフェアをどうするか、また来年も同じ夏文庫フェアでいくのか、実はまだちゃんと決まっていなかったりします。いま「吉っ読」メンバー全員であれこれ思案中ですので、こんなフェアをやってほしい、今度のフェアはここがよかった、よくなかった、こんな本を入れてほしい、こんな作家にスポットをあててほしい、などなど、フェアに関するご要望ご意見がありましたら、ぜひぜひ、このブログのコメント欄にお寄せください。みなさまのご意見、お待ちしております!


空犬(「吉っ読」事務局)

[ 2007/09/25 00:26 ] 「吉っ読」フェア案内 | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。