スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

還暦

弘栄堂の荘司です。

今月で還暦を迎える社員の方がいます。
僕が入った頃は書籍の副店長で、去年(?)からお隣の
文具店に異動になった店長のS藤さん。

実際に働きっぷりを見ても全然まだ60歳なんて感じさせない
パワフルさを持っています。更に、僕らとボーリングをしたり
ダーツをしたりと精神年齢は若いです。
(本人も自分が還暦を迎えたなんて信じられないとのこと。)

先日、ボーリングを一緒にしまして、その後食事している時に
古きよき時代の書店の話をしてくれました。

S藤さんが入社した30数年前は、

・広辞苑や辞書などがワンシーズンに何百冊と売れて、
辞書専用の倉庫があった。

・弘栄堂が開店したばかりの頃は、開店したその日に雑誌が完売状態
になり、棚がガタガタになった。

・売り上げがよかったから大入りが毎日のように出た。

・その当時、吉祥寺店だけで社員が30数人いた。

などなど。
とてもじゃないけど、今では考えられないことばかり。

そんだけ売ってたら、売るほうも楽しそうですよね。
書店員だけに限らず、物を売る職業の人にとって何が一番嬉しいか
といえば、やはり商品が売れることでしょうから。

S藤さんは学参担当だったので、今回は学参のことだけしか聞けま
せんでしたけど、他にも、人文担当だった書籍の現副店長のS藤さん
(あ、同じ表記ですが別人です)からたまに「当時は人文書が
馬鹿みたいに売れた」なんて話を聞くにつけ、僕もその頃に
戻って働けたらな、なんて思います。



しかし、昔はよかったと懐かしんでいるだけではいけないわけで。

今、この現状をどうするか?

売れないと嘆いているだけではどうにもならない。
これは夏に「暑い暑い」と言うのと一緒です。

いかにして涼しくするか?
即ちどうやって売っていくのか?


人と物は時代とともに変わっていきます。
時代にあわせた売り方、そういうのを考えていかねば


と、思ったりする今日この頃であります。


さて、S藤さんの還暦祝いに何をあげようかな。
[ 2007/07/31 03:14 ] 弘栄堂書店員日記 | TB(0) | CM(3)

本屋の接客

弘栄堂の荘司です。

先日、SCのロールプレイングに参加してきました。

SCの副店長・次長・マナーの先生の前で模擬接客をして、
色々と御指導を頂くというものです。

そこで、本屋と服や雑貨を扱うお店とは
お客様に対して商品を提示していく方法が違うということを
改めて実感しました。

雑貨屋や服を扱う店などは常にお客さんを意識して
店員が何かと積極的に近寄ってきては勧めてきますよね。
「こちらこの季節の新作です。」、「よかったら御試着してみてください」等々。(僕はそういう接客をされるのがあまり好きでないので
いつも服屋などにいって声をかけられると曖昧に返事をして
逃げてしまいますが…。)

でも、本屋はお客さんから聞かれない限り、こっちから何か
勝手にすすめようものなら
「静かに本を選んでいるんだから邪魔しないで!」というように
うざったがられてしまいそうですよね。
しかも、自分よりもお客さんの方が知識があったりして
墓穴を掘ってしまうなんてこともなきにしもあらず。

そうなるとやはり本屋は「棚が勝負!」ということになるなぁ、
なんてボケーッと考えながら参加賞(商品券2000円分)をもらって
会議室を後にしました。

お店に戻ってから早速頂いた商品券で

原田宗典『劇場の神様』新潮文庫
ソルジェニーツィン『イワンデニーソヴィッチの一日』新潮文庫
梁石日『タクシードライバー日誌』ちくま文庫
久米田康治『さよなら絶望先生 9』講談社

を購入し、満足満足といったところです(笑)
(本を買うと幸せな気分になるのです、僕は。)
[ 2007/07/28 00:45 ] 弘栄堂書店員日記 | TB(0) | CM(2)

枡野さん御来店!

吉っ読日記をご覧の皆様、初めまして。弘栄堂書店の荘司と申します。
普段は、ミニコミ誌『月刊弘栄堂』で「今月の遅番荘司」を担当しています。
(あと、レジです。)


さて、昨日から夏の文庫カーニバルが始まりました。

レジにいてもフェアーのところが気になってついつい目がそちらに
いってしまいます。自分の推薦した本とか手にとって眺めているお客さんを
見ると、「買え買え!」と念じたり(笑)


そして、昨日は夏の20冊にも入っている、『ショートソング』を書かれた
枡野浩一さんが来店されました!
(公式ではなく、プライベートです。)
しっかりと夏の文庫フェアーを眺め、パンフレットを見た後、
レジにいらっしゃいまして、本を一冊買っていかれました。

緊張して声をかけられなかったのが残念でなりません…。

次にお見かけした時は話しかけてみようと思います!
[ 2007/07/17 01:29 ] 弘栄堂書店員日記 | TB(0) | CM(2)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。