スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「吉っ読」、なんと「新文化」に登場です

いやはや、すごいことになってきました。


先週木曜発売の、2007年7月5日付け『新文化』に、なんと「吉っ読」が取り上げられました。記事は、「吉祥寺の街を一つの巨大な書店に!」と題され、写真までありです。大変です。


一般の方はご存じないかもしれませんが、『新文化』は、「出版業界唯一」を名乗る業界専門紙。創刊50年を超えていますから、「老舗の」をつけてもいいでしょう。出版業界、書店業界の話題満載の中身は、この業界に身を置く以上、必ずチェックしておきたいところです。出版業界の話題はともかく、書店関係がこれだけくわしいソースはほかにはまずありませんから、空犬にとっても大変重宝な存在です。紙版は毎週、オンライン版も週に2、3回必ずチェックを欠かしません。


そんな業界紙に、「吉っ読」が取り上げられたわけです。いやはや。『新文化』のオンライン版に花本会長が連載を持っているなど、「吉っ読」との縁はその前からあったとはいえ、現時点で、活動の中身は実質的に何もない、半素人集団に過ぎないこの会のキックオフが、このような記事、しかも写真入りで紹介されるというのは異例のこと、破格の扱いと言っていいでしょう。ずっと読んできているぼくも、このような書店の集まりが紹介されたケースは、まず記憶にありません。


夏の文庫フェアに、大賞に、Webサイトにと、活動の予定なども、くわしく紹介されています。こうなると、当然のことながら、簡単に「やーめた」「ダメだった」というわけにはいきませんね(もちろん、もとよりそんな気持ちはありませんが)。大変なプレッシャーです。プレッシャーですが、これは、エールであり、応援なのだとプラスに考え、「吉っ読」を一歩前に進める原動力にしてきければなあと思っています。


ところで、この記事で取り上げられているのは、去る6月27日に、いせや(吉祥寺)で懇意の版元さん向けに開催したお披露目会の様子なんですが、肝心のこのサイトでお披露目会報告がまだでした。早速、明日にでも、当日の様子をご報告したいと思います。


空犬


スポンサーサイト
[ 2007/07/09 22:34 ] 「吉っ読」について | TB(0) | CM(1)

死んだら新聞にのるような

新文化の記事でかかったね。
おどろいた。
プレッシャーをモチベーションに変えてがんばりまっす。
[ 2007/07/09 23:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kichiyom.blog109.fc2.com/tb.php/8-1e249153






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。