スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

my life as a book

ルーエ花本です。


心からお奨めしたいマンガをご紹介。
これ

http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000007172499&Action_id=121&Sza_id=C0
「 ZOOKEEPER 」青木幸子(講談社)
講談社の児童書をみてくれている方が、
ぼくが好きそうだからと、貸してくださった代物。
(萩尾モトも借りている)
イブニングで連載している、動物園の飼育員のお話。
(動物のお医者さんとは、全然違う世界)
主人公は、トラブル誘発気質の新米飼育員(女子)
この人、裸眼だと人(動物)の体温をサーモグラフィックに感知できてしまいます。
体温の変化で人がウソをついているかどうか、やんわりわかったり、
動物の体調を計ったりすることが可能。
この控えめな特殊能力が、小さーく炸裂するんですね。
勤め先の動物園の人々は園長以下、みんないい具合に変。
かなり掘り下げたとおもわれる緻密な取材が活きている感じ。
まだまだこのマンガについて語りたいが、またにしよう。
しかし、このテの地味で上質なマンガに出会うと、
日本のマンガ文化の成熟というか、コンテンツ力ってのか
絶対にバンド・デシネとかでは、成り立たない凄味を感じます。

左尻を寝違えました。
尻って寝違えたりするもんだな。

昨日は、ルーエ写真倶楽部の合評会でした。
ぼくが撮った、パチモンのピカチュウが、
大賞に選ばれて嬉しい!


スポンサーサイト
[ 2007/09/17 07:54 ] 西荻の風(花本) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kichiyom.blog109.fc2.com/tb.php/62-58909658






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。