スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ウォーキンインザプリズム★

ルーエ花本です。


連休2日目。
なんら用のない調布にて散歩をしてきました。
ちい散歩という番組があるようだけど、
観たことがない。
とことこ歩いて、つつじヶ丘。
武者小路実篤ゆかりの庭園が近くにあるようでした。
が、いっぱい歩いて疲れたので見送って、
駅前の「書原」さんをのぞく。
阿佐ヶ谷よりは数段店内が明るい!
しかし技有り尽くしの陳列の感触は同じだ。
どこをみても、なるほど、これのとなりにこれで、
その後ろにこれね~、と感心しきり。
ぼくの大好きな徳間文庫、「人間臨終図鑑」(山田風太郎)全3巻が
パート1のみ平積み、とおもったら下に2が、そして3も、
んでまた1、2、3と積んでいる。
恐れ入りました。。

以前より、探していた別冊太陽「日本の妖怪」を
近所の古本屋さんで1400円にて入手。
もう知ってる図版、知ってる妖怪ばかりだけど、嬉しい!

岩波文庫、宮本常一の「忘れられた日本人」をやっと読み終えた。
古老が夜這について語るところが白眉。

無茶な映画が観たいとおもって、
「フロムダスクティルドーン」をレンタル。
全くひどおもしろい映画だった。
ジュリエット・ルイスが若いっていうか幼くて、
どことなく蒼井優ちゃんみたいな風情でヨシ!
それがクロスボウで吸血鬼を撃ちまくるんだから、
キルタイム的にたまらないじゃないですか。
次はなぜか未見の「キルビル」だな。

スポンサーサイト
[ 2007/09/13 22:07 ] 西荻の風(花本) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kichiyom.blog109.fc2.com/tb.php/60-5b2bb3c9






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。