スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

不毛地帯の人々

ルーエ花本です。


図書カードリーダーがぶっこわれました。
暑かったもんな~、この夏は。

今日はオフで珍しくちゃんと起きてます。
そこで一首詠みました。


森茉莉の本にはさまる紙魚たちはどこか幸せそうにおもえた


毎日少しづつトイレで「私の美の世界」を読んでます。


昨日は文春文庫祭りでした。
新刊とともに秋の100冊がちゃんら~んと入ってきました。
今回のキャラは松尾スズキ。
一昨年は、夏帆ちゃんと石田衣良。
昨年は、桐野夏生。
そういうチョイスが文春さんですよ!
一昨年の夏帆ちゃん、これ単体なら、夏100っぽいでしょう。
でも横に衣良がいることで、ぐっと不穏。
で、
池袋シリーズ新刊、
森絵都「カラフル」
モブ「介護入門」←いいジャケだったな。
100冊陳列するのって大変だけど楽しいので、
みなさんも蔵書でやってみては、いかがでしょう?
と、余裕がこけるようになったのは、最近のこと。
初めて100冊出したときは、砂漠に一人置き去りにされたような気分でしたね。

あがって渡辺くんと福井くんとメキシコ料理を喰らいにゆきました。
ハラペーニョって辛いんですね
もっぱらの話題は「ルームシェア」です。
家賃が折半になれば、これ幸いですから。
渡辺くんは推進派。福井くんは検討中。ぼくは無理です。
驚くべきことに二人は過去にルームシェアリングを経験しているんですね。
すごい!
渡辺くんは、ご破算になったものの女の子とのルームシェア計画があったとか。
同棲との境界線を明確に定義してくれないと許すつもりはありません。
3人で一軒家を借りるという案も出ました。
それはもうルーエ寮ですがな。
とにかく、ルームシェア問題の争点は、
独り身の独身男(意味が重なった!)が抱える、いかんともしがたい衝動の処理。
プライベートの最後の砦ですね。
これをいかに死守するか。
3人は、不毛すぎる議論を重ねるのでした。

スポンサーサイト
[ 2007/09/05 14:37 ] 西荻の風(花本) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kichiyom.blog109.fc2.com/tb.php/56-974b2192






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。