スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

そしてお祭りはつづく

ルーエ花本です。

疲れが顔に出るタイプ。
なので極力疲れないようにしよう。

太田出版、いましろたかしの
「デメキング 完結版」

http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000031923202&Action_id=121&Sza_id=F2
を休憩室読破。
浦沢直樹が帯で比類なき傑作で20世紀少年もデメキングがあってこそ
みたいなことをうたっている。
いましろ漫画のおもしろさは、
わかりやすいものではなかろう。
つげ義春と比べるのはおかしいが、
つげのワビサビ(?)はけっこう明解だが、
いましろのは、なんだか一見作者の怠惰が滲んで
いるような、物語作法を投げてしまっているかのような
読んでいて「え?こんなんでいいの?」と
紙面を遡って確認しちゃったりしてしまうとっても
大胆でどこか無愛想なワビサビ(?)なのである。
なんだかよくわかりませんが、
「デメキング」はかなりの怪作ですね。
今回完結にあたって書き下ろしたラスト2ページ!
右脳がはじけますよ、左脳も。

すんげそうなサイン会が決まった。
内緒だけど。

5時半あがって早番仲間で職場からすぐの月窓寺へ。
今日から2デイズのお祭り。
我等がセンムがヤキソバを焼いている。
顔出すとふだんまれにしか見せない無邪気な笑顔。
ビール共々ごちになりました。
だら~と盆踊りなぞ眺めながら呑む。
優雅な一時。
浴衣の女の子は3割増しときめくという法則を再確認。
盆踊りの曲目はどれも陽気で痛快なナンバー。
その歌詞にたまにぐっとくるフレーズがあり耳に残る。
「いくぞ、世界の果てまでも~」
とか、
「平成不況の世の中で~」
なんて。

明日もいっちゃおうかな、
スポンサーサイト
[ 2007/08/04 19:49 ] 西荻の風(花本) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kichiyom.blog109.fc2.com/tb.php/35-999e5de6






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。