スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

本屋の接客

弘栄堂の荘司です。

先日、SCのロールプレイングに参加してきました。

SCの副店長・次長・マナーの先生の前で模擬接客をして、
色々と御指導を頂くというものです。

そこで、本屋と服や雑貨を扱うお店とは
お客様に対して商品を提示していく方法が違うということを
改めて実感しました。

雑貨屋や服を扱う店などは常にお客さんを意識して
店員が何かと積極的に近寄ってきては勧めてきますよね。
「こちらこの季節の新作です。」、「よかったら御試着してみてください」等々。(僕はそういう接客をされるのがあまり好きでないので
いつも服屋などにいって声をかけられると曖昧に返事をして
逃げてしまいますが…。)

でも、本屋はお客さんから聞かれない限り、こっちから何か
勝手にすすめようものなら
「静かに本を選んでいるんだから邪魔しないで!」というように
うざったがられてしまいそうですよね。
しかも、自分よりもお客さんの方が知識があったりして
墓穴を掘ってしまうなんてこともなきにしもあらず。

そうなるとやはり本屋は「棚が勝負!」ということになるなぁ、
なんてボケーッと考えながら参加賞(商品券2000円分)をもらって
会議室を後にしました。

お店に戻ってから早速頂いた商品券で

原田宗典『劇場の神様』新潮文庫
ソルジェニーツィン『イワンデニーソヴィッチの一日』新潮文庫
梁石日『タクシードライバー日誌』ちくま文庫
久米田康治『さよなら絶望先生 9』講談社

を購入し、満足満足といったところです(笑)
(本を買うと幸せな気分になるのです、僕は。)
スポンサーサイト
[ 2007/07/28 00:45 ] 弘栄堂書店員日記 | TB(0) | CM(2)

マローズ!

ソルジェニーチン、
いいよー
[ 2007/07/30 06:14 ] [ 編集 ]

本を買うと

>(本を買うと幸せな気分になるのです、僕は。)

100%まったく同感です。
本って読むのはもちろん、買うだけでも
いいんだよねえ。
[ 2007/07/30 09:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kichiyom.blog109.fc2.com/tb.php/28-f2f70a87






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。