スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

暑い。
日でした。
人間が一生のうちに言葉にする
「あつい」はいったいどんだけなんでしょう?
ああ、あつい、あつい。

なにかの雑誌が本の特集してたんですけど、
それが思い出せない。
つっかえてるな~
今日発売の「タイトル」は時代小説の特集でした。

乱歩ファンが、
講談社の「貼雑年譜」以来の興奮につつまれる
新アイテムが登場しました。
こちら

http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000031925151&Action_id=121&Sza_id=A0

「江戸川乱歩小説キーワード辞典」
乱歩への情熱がびしびし伝わってくる快著です。
空犬氏、購入の意向を固めておりました。
いい値段ですけどね~

朝日文庫の常備を入れかえたのですが、
ほんと背表紙の傷みやすさピカイチだなよ。
一冊うっかりダメにしちゃいました。

情報センター出版局が文庫を出す。
あの平山夢明の。
これ意外な事実。
英知出版が残念なことになって、
そこで出したものを絶版にしたくないと、
本人から申し出があったそうです。
時代ものなら佐伯泰英。
ホラーだったら平山夢明。
エロだったら睦月影郎先生。
に頭があがらないのが当世の文庫担当者なり。


ルーエ花本

スポンサーサイト
[ 2007/07/26 21:23 ] 西荻の風(花本) | TB(0) | CM(2)

買う買う!

乱歩、買うよ、買いますよ!

それにしても、いい値段だなあ、これ。

ちなみにね、『貼雑年譜』の前に、同じ東京書籍で『幻影の蔵』があるから、正確には、『幻影の蔵』以来、かな。こちらも8,400円といいお値段でした。この種の散財は、乱歩者の宿命、ですかね……。
[ 2007/07/27 23:10 ] [ 編集 ]

へえ~

そゆうのもあったのか。。
乱歩って人気者。
[ 2007/07/29 19:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kichiyom.blog109.fc2.com/tb.php/27-a4c74265






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。