スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ブックンロール、こんな中身になりますよ

空犬です。ブックンロールの件、いろいろな方から、「イベントって、いったい何やるの?」と問い合わせもいただいたりしているのに、ぜんぜん記事アップできずにおります……。ブックンロールまであとひと月半ほどになりましたからね。ここからは、精力的に、ブックンロールのいろいろを告知していきたいと思いますので、よろしくお願いします!


さて、このブックンロールの中身、副題の「夜には本と音楽を」にありますように、吉祥寺と本と書店をテーマにしたブックトーク2本と、ミニライヴの3部構成を考えています。まあ、ミニライヴは「吉っ読」メンバーによる学芸会みたいなバンドの演奏なので、「おまけ」みたいなものですから、メインは本にまつわるトーク2本です。


  • トーク1:吉祥寺で本を……作る・売る・買う(仮)
  • トーク2:なぜ書店員はPOPを書き、フリペをつくるのか(仮)

タイトルはいずれも仮です。1のほうは、吉祥寺に縁の深い出版関係者+「吉っ読」によるトークです。現在の出版界はどうなっているのか、出版不況はどうなるのか、電子書籍元年と言われるが電子の世界はどうなっていくのか……というようなことがばっちりわかってしまう、大変役に立つトーク……なわけはなく、こういう大文字の話題にはあんまりふれられません(苦笑)。


まあ、そういうのはね、別に吉祥寺で我々がやらなくても、いろんなところで語られてますからね。それよりも、吉祥寺や中央線沿線で書店を利用してくださるみなさんにとって、もっと身近な話題になります。編集・営業・書店と、3つの違う立場からの視点で、「本」と「吉祥寺」のいろいろを語りまくろうと考えています。


ちなみに、昨晩は、トークにパネリストとして参加してくださる出版社の方お二人と、「吉っ読」とで打合せをしてきたんですが、いやはや、これが打ち合わせとは思えないぐらい、大変に盛り上がってしまいました。録音しておいて、一部をここでご紹介したいぐらい、いろんなネタが飛び出したりしたのです。


というわけで、このトークは「吉祥寺」「書店」「本」というキーワードに関心を持っていらっしゃる方々には、ぜったいにおもしろいものになると思いますので、ぜひいろんな方に聞いていただけたらなあと思っています。


トーク2のほうはまた記事をあらためます。


スポンサーサイト
[ 2010/07/03 13:02 ] ブックンロール2010 | TB(0) | CM(1)

本当にテレコをまわしておくべきでした。
いろいろ吉祥寺の書店の使い分けの話などが出て、
それぞれの店を一つの巨大複合書店に見立てるって、
コンセプトで吉っ読を立ち上げたわけですが、
ずいぶん大それたことを言ってたなあ(笑)
などと感慨深くなったりしましたよ。
ゲスト二人は相当グルーヴィーなんで、
ぼく自身かなり期待しながら、
戦々恐々としておりますよー
[ 2010/07/04 03:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kichiyom.blog109.fc2.com/tb.php/180-62a0bd3f






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。