スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ナツヨミ文庫カーニバル2008、結果発表です! その2

空犬です。昨日の続き、「ナツヨミ文庫カーニバル2008」、各店の売上げベストの発表です。じゃじゃーん。


BOOKSルーエ


  • 1. 『快楽主義の哲学』
  • 2. 『蘆屋家の崩壊』『もののたわむれ』
  • 4. 『永遠も半ばを過ぎて』
  • 5.『小春日和』

弘栄堂


  • 1. 『半生の記』
  • 2. 『るきさん』
  • 3. 『文房具56話』
  • 4. 『ちぐはぐな身体』
  • 5. 『快楽主義の哲学』

リブロ


  • 1. 『ちぐはぐな身体』
  • 2. 『快楽主義の哲学』『るきさん』『ほかに誰がいる』
  • 5. 『もののたはむれ』


各店の客層を反映したおもしろい結果となりました。今回は、三冠王こそ生まれませんでしたが、著者では澁澤龍彦の健闘が、文庫レーベルではちくま文庫の健闘が目立ちました。また、内輪の話になりますが、選者ではOB山本くんセレクト本が複数ランクイン、見事な選球眼を見せてくれました。


「今回はきびしかった……」と話すのはルーエ花本会長。去年のナツヨミは1F入り口脇での展開でしたが、今年は、2F文庫フロア、通称花本棚、言わば自分の庭での展開だったわけですが、やはりそこはお店の入り口には目立ち方、お客さんの立ち寄り方ではかないません。展開場所でこんなにも違うのかと勉強させられることになりました。


展開場所の点で成功したと言えそうなのは、弘栄堂リブロ。弘栄堂は去年と同じ、改札に近い方のレジの斜め前あたりの平台。スペース的には広くはないのですが、コンパクトなスペースに本がぎっしり並び、ポップが林立したことが目を引くという点でプラスに働いたようです。平台の隣半分で、中央線本・吉祥寺本・杉浦さやかさんのイラストエッセイ本など、フェアの何冊かと共通するテイストの本が並んだのも相乗効果を生んだようです。『るきさん』の健闘はまさにその結果、と言っていいでしょう。


リブロもくだりエスカレータを降りてすぐの、実にいい場所での展開でした。弘栄堂と同じで、平台のサイズ自体はさほど大きくはないのですが、そのために、並べた本全体が一望できることになりました。わたくし空犬は、フェア本を並べてすぐと、しばらくたってからと3回ほど取材、行くたびにポップが増えていくのを目撃しているのですが、ポップが増えてからのほうが、コーナーの魅力が増していたように感じました。弘栄堂同様、狭いエリアにずらりとポップが並んだのが壮観で、離れた場所からでも、なんかありそう、という感じが伝わるディスプレイになっていたのです。


ポップは後列の本を隠してしまったり、本を取りにくくしてしまったりなどのデメリットもあるといいますが、今回のフェアでは、ポップ林立のにぎやかさは、2店ではあきらかにプラスに働いたようです。


選書の観点から言うと、今回不調だったのはSFと通巻物のコミック。続きのコミックの特定の巻が混じっているのは試みとしてはおもしろいと思ったのですが、やはり文庫フェアのコーナーで、いきなりお客さんに手にとっていただくのはむずかしかったようです。あと、個人的にはSFの苦戦はくやしいです(去年今年とも外文枠は空犬が担当)。最近は外文文庫がセールス的に厳しいのは承知のうえで、あえて、去年はスタージョン、今回はティプトリーと、質の点では申し分のないセレクトで挑んでみたのですが、見事轟沈(涙)。


あと、高額の文庫、厚すぎる文庫も、短期間のフェアでは不利なようでした。このあたりの結果は、ぜひ各店でよくよく分析して、今後のフェアはもちろん、文庫のレギュラー棚の構成にも活かしたいところですね。


あと、共通セレクト30点には選ばれなかったのですが、結果的に、3店とも独自枠として加えたかたちになった『バーボンストリート・ブルース』は全店で健闘したようです。フェア本と同列でのカウントはしていないのですが、それこそ上位に入る勢いだったようです。


けっこう力を入れて作ったフェア冊子も順調にはけたとのこと。作り手としてはうれしい話です。ちなみに、フェア冊子、まだ少し余分がありますので、フェア中に入手しそこねた、という方は、BOOKSルーエ花本氏までお問い合わせください。


ナツヨミ2008冊子

今回、3店でフェアをのぞいてくださった方、また、フェア本を購入くださった方、よろしければ、ぜひフェアの感想などお寄せいただけるとうれしいです。選書について、店頭のディスプレイについて、冊子やパネルについて、なんでもかまいません。みなさまからのご意見ご感想、吉っ読一同、お待ち申し上げております。


スポンサーサイト
[ 2008/07/23 20:52 ] 「吉っ読」フェア案内 | TB(0) | CM(1)

まったく

もって3店のカラーでましたね。
今さらながらルーエの陳列場所、
おなじ2階でもレジ前のより一般指向なイベントスペースで展開したほうがよかったかな・・・。
そんな2階のレジ前の棚では現在「ルーエ究極の50サマーフェスティバル」を開催しております。
毎年恒例のスタッフセレクトの文庫フェアです。こちらも小冊子鋭意準備中です。
ナツヨミの冊子、お求めの方はお気軽に声かけてください。
と、力一杯宣伝させてもらっちゃいました。
[ 2008/07/24 23:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kichiyom.blog109.fc2.com/tb.php/163-0e6d1f4f






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。