スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ルーエ花本です。


角川春樹さんは、もの凄いとおもいます。
「魂の一行詩」はもっともっと評価されなくてはいけません。
どうもキャラクターが先行してますが、
作品がドープ(すごく奥が深いみたいな意味)です。
「神様のパズル」映画化にあたって、
インタビュー記事を「映画秘宝」に発見。
リードが「覚醒した男、角川春樹!木剣素振り33000回達成!!」
ってまたドえらいことに、、
三池監督の女の足へのフェチズムを執拗に追及したり、
誌面が濃いのが「映画秘宝」。
前号では件の「靖国」を中心に、映画を上映中止にすることへの
問題提起がメインの特集になっていたり、
映画誌の中では格別、映画愛が深いです。
今月号にもどってびっくりなのが、
漫画家いがらしみきおへのインタビュー記事。
「ぼのぼの」をライフワーク的に書き継ぐ一方、
「Sink」でホラー漫画の歴史をあっさり塗り替えてしまったり、
ぐっとさかのぼれば、ダウンタウン松本が影響を受けたと語る
「ネ暗トピア」があったり、最近一部の人に劇的に受けてる
新作「がんじょり」「かむろば村へ」を発表したりと精力的。
「かむろば村へ」は鳥肌立つほどおかしい。
他では絶対読めない、いがらしみきおしか描けないおかしさがあります。
このタイミングでいがらしみきおにホラー映画を語らす。
他では絶対読めない、映画秘宝しか載せないのは、おかしいであります。

スポンサーサイト
[ 2008/05/27 03:51 ] 西荻の風(花本) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kichiyom.blog109.fc2.com/tb.php/148-2cbd876d






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。