スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ルーエ花本です。


「聖者は口を閉ざす」読了。
主人公レイのちょっとダメな部分に大いに共感した。
善行をしている自分に酔って満足するタイプだよ、おれも!って。
この小説でなんとなくアメリカ社会の格差の現状がわかる。
のかもしれない。とか思いました。

インディ・ジョーンズのノベライズが出はじめた。
すごい余談だが、ずいぶん昔
「ヤング・インディ・ジョーンズ」という一時間ドラマがあった。
むこうでやったシリーズを吹き替えてテレ朝がやってた。
これがけっこうおもしろくて熱心に見た。
若き日のインディを演じた役者がショーン・パトリック・フラナリー。
こいつがウルトラ美形で肌ツヤツヤしてて、
乙女だったらファンレター書くかもしれないと思ったものだった。
絶対こいつは大物になる、と確信してたんだけど、
ならなかった。自分の確信なんてちっともアテにならない。
それにしても「ヤング~」って言われると島社長っぽい。
ふとおもったが島耕作は007に似てる。
女にモテて、そこから話が展開するから。
スポンサーサイト
[ 2008/05/25 01:43 ] 西荻の風(花本) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kichiyom.blog109.fc2.com/tb.php/146-513c4f2b






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。