スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ルーエ花本です。


今月の集英社文庫新刊のラインナップは、
豪華でした。
先月でドル箱の北方水滸伝が完結してしまったので、
そうこなくっちゃって感じです。
恩田陸、常野物語の続編「蒲公英草紙 」
江国香織「すきまのおともだち」
荻原浩「さよならバースディ」
木村元彦「オシムの言葉」
そして田中啓文「ハナシにならん!」
笑酔亭梅寿シリーズの続編です。
これは、もう圧倒的に売る気まんまんです。
「ハナシがちがう!」一作目、
発売以来、平積み外したことありません。
「落語好きで、ミステリ好き 悶絶のおもしろさ!」
みたいなポップが効果あったようです。
常に佐藤多佳子「しゃべれどもしゃべれども」新潮文庫の隣です。
うちでは、田中作品の方がはるかに高回転です。
そういえば近所の蕎麦屋で、たまに落語家さんよんで、
ちょっとした高座やるんで今度いこう。

スポンサーサイト
[ 2008/05/21 02:17 ] 西荻の風(花本) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kichiyom.blog109.fc2.com/tb.php/142-b658c0a7






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。