スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マンガの教室

ルーエ花本です。


マンガは目利きがすすめるモノを読むのが吉です。
いっぱい出てる有象無象から自分が求めている作品に
出会うのは存外難しいものです。
なにかとツボを押さえたセレクトでマンガをちょこちょこ貸してくれる方がいます。
特にほとんど守備範囲外の少女マンガをみつくろってくれて大いに蒙を開かれます。
今日読んだのがこれ。

http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000007193727&Action_id=121&Sza_id=B0
岩館真理子「見上げてごらん」クイーンズコミック
親子の情愛、初恋の記憶が印象的で主人公の
背が低い女の子も愛らしくユーモラスな作品なのですが、
どこかすごく異形な気がします。
女装という行為があまりにもすんなりソフトに描かれているのも要因でしょうか。
ゲイバーの名前が「ロミエット」
実家の食堂が「ハート食堂」
なんともいいがたいグッドネーミングです。
それも含めて面白かった。
も一個その方に借りてハマっているのがこれ。

http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000007172499&Action_id=121&Sza_id=C0
青木幸子「ZOOKEEPER」イブニングコミック
少女マンガではないですが。
なにか賞をあげたくなるくらい知名度をあげてほしいマンガです。
地味な作品ながら(だけに?)じっくりと読ませます。
動物園の飼育員たちのまさしく苦闘が描かれます。
ときに涙ぐましい努力で動物たちと接する姿は打たれますよ。
綿密な取材とその解釈、構成がお見事。
すごい臨場感です。
でもマンガ的なファンタジーもまれに控えめに行使されます。
主人公の新米女子飼育員は、
裸眼だと動物の体温がサーモグラフィよろしく視覚化されます。
なんとも地味!
でそれでなにがわかるかと言えば、体調はもちろんのこと、
嘘をついているか否かがわかってしまうのです。
いつもその状態ではいろいろとつらいので、
普段はメガネをかけてます。
実におもしろい。
日本のマンガ文化の豊穣さの一片である気がします。
アメコミやバンドデシネでこんな作品に出会えるとはおもえない。(たぶん)
売れてほしい。
スポンサーサイト
[ 2008/04/30 02:08 ] 西荻の風(花本) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kichiyom.blog109.fc2.com/tb.php/131-b3c7765c






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。