スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

知の巨人

ルーエ花本です。


新潮新書「人生の鍛練 小林秀雄の言葉」がおもしろかった。
小林秀雄は、いいこといっぱい言ってますね。
どこをとってもちょっとした座右の銘になってしまう
名言録っぽい作りで年代ごとに著作から、美味しい部分を抜き出してる。
その編集がどことなくサブカル心をくすぐる。
なんか妙なおもしろさが滲み出てる気がするんです。
小林秀雄はかなりのマイブーマーであったことがうかがえます。
猛烈にモーツァルトにはまったり、ランボーだったり、
壺だよ壺って言い出したり、ゴッホに萌えまくったり。
それでも表現をとおして人間を見つめる姿勢は一貫してます。
その集大成が晩年の大著「本居宣長」に結実したってわけですね。
最もグッきたのは、この名言。

「忍耐力のない愛などというものを私は考えることが出来ませぬ」
スポンサーサイト
[ 2008/03/29 20:36 ] 西荻の風(花本) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kichiyom.blog109.fc2.com/tb.php/124-5fd9a096






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。