スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

作家の品格

不可解な現象が起こりました。
報告させてください。
以前より5時起き健康法を実践しているのです。
起きてもぐづついた天候のせいもあり、
陽はさしてきません。
普段通り5時に起きたつもりでした。
朝の一通りの儀式(歯磨き等)を済ませ、
さて、と時計を見ると
なんと、まだ夜中の25時だったんですよ!
ああ、びっくりした。
もっかいねる。

朝食も改革しようとおもって
最近はもっぱら「フルーツグラノーラ」です。

講談社現代新書「生物と無生物のあいだ」が
実におもしろ興味深い。
章タイトルがいちいちスカシタ感じなのが
好きなような、そうでもないようなところ。
サーフィン好きの化学者がノーベル賞をとった
エピソードが紹介される章は、
「サーファー・ゲッツ・ノーベルプライズ」
みたいな、
終章が「時間という名の解けない折り紙」
だったりして、ハナにつくとクールのあいだ。

「ハル、ハル、ハル」のキャンペーンで古川さんがやってきた。
主任に古川さん誕生日らしいですよ、
盛り立てたいっすね、とか無責任なことを言ったら、
ほんとにチョコケーキ(イワレのあるものらしいです)
を買ってきてくださったんです。
古川さんも意表つかれて、喜んでくれたし
主任超ファインプレーっすよ!
二人ともあわあわもごもごして、
文学談義とかしてみたかったんだけど、
終始あわあわもごもご。
古川節を随所できくことができました。
「同世代の日本人作家?別に意識しませんね~」
オオー!
「映像化の話も一本あります」
オオー!
「朗読はスゴいのができたよ、ハモニカキッチンで最初に向井さんと会ったんですよ」
オオー!
といった感じですが、全体の印象は物腰やわらかなお兄さんでした。
大人としてあえて控えましたが
「芥川賞欲しいですか?」
と訊いてみたかった。


ルーエ花本
スポンサーサイト
[ 2007/07/12 07:52 ] 西荻の風(花本) | TB(0) | CM(1)

古川さん

新刊プロモーション、がんばってますねえ。そういえば、複数の書店で、サイン本を見かけたので、いろんなところでやってるんでしょうねえ。

「吉っ読」でもいつか、古川さんがらみのイベント、やれるといいよねえ。

[ 2007/07/14 23:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kichiyom.blog109.fc2.com/tb.php/12-57de454f






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。