スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

校長先生来訪記

ルーエ花本です。


感激しました。
「よのなかのルール」の藤原和博先生が
お店にあそびにきてくれました。
先日の朝日新聞での書評掲載やいなや、
即座にお電話をいただいき、
ついにあいまみえることができました。
情けないことに一時肝心の「よのなかのルール」を
品切れさせてしまって先生に足止めをさせてしまっていましたが、
なんとか品も入り(筑摩書房さんにも融通していただき感謝です)
万全の態勢で来店していただけました。
民間人として初めての公立校の校長先生として
多忙の折に、たっぷりサイン本を作っていただいて大恐縮でした。
先生はこちらの勝手なイメージとしては、
クールでもの静かな佇まいだったのですが、
実像はホットでエネルギッシュな方でした。
対面してまずガッチリ握手をかわしました。
スポーツマンシップ漂う雰囲気でなんと
名刺交換をしわすれてしまったんです!
「よのなかのルール」として微妙な不手際、、
応接室でイニシャルの「F」をいななく馬のように
図案化したキップの良いサインをしたためてもらいました。
自分が持ってきた読みこんでくたびれた文庫にもしてもらいました。
「花本くんへ」みたいのを書いてくれるかとおもいきや、
そういったサインはどこかに寄贈したりなんかする際に
困ることになるのでしない主義なのだそうです。
藤原先生流の「プリンシプル」をみたおもいです。
一通り書ききっておもむろに
「じゃ、きみの人生をきかせてもらおうか?」
ってなんと無茶な振り!
内心面食らったのですが、とりとめなく
こっぱずかしいマイライフストーリーを語ってみました。
そして先生から一言。
「そうか、じゃあとは嫁さんもらうことだな!」
ごもっともです、、。
そしてフロアにもどって、10冊文庫買うからみつくろって
と願ってもない申しで。
何を選んだか思い出しましょう。
新書もありで選ばせてもらいました。
「非属の才能」光文社新書
「奇想科学の冒険」平凡社新書
「死刑執行人サンソン」集英社新書
「生物と無生物のあいだ」講談社新書
「海の仙人」新潮文庫
「百花譜百選」岩波文庫
「乳房とサルトル」知恵の森文庫
「箆棒な人々」河出文庫
「尾崎放哉全句集」ちくま文庫
「アンダンテ・モッツァレラ・チーズ」小学館文庫
というラインナップでした。
先生、お買い上げありがとうございました。
そんなわけで、サイン本は早い者勝ちです。
お早目にどうぞ!

スポンサーサイト
[ 2008/02/19 23:13 ] 西荻の風(花本) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kichiyom.blog109.fc2.com/tb.php/108-d88cbecd






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。